読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール橿原店 シマブロ

島村楽器 イオンモール橿原店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

DJヤスニシのお勉強ブログ「DJとはなんぞや。」

どうもこんにちは、DJを触ったこともないのにDJ担当になった安西です!
かれこれ10年ほどエレキギターを弾いておりますが、なぜか近年徐々に下手になっていっております!つらいです!

さて、このブログはビギナーDJヤスニシがDJについて勉強をしていき、立派なDJへと成長する過程を記しております。
これからDJを始めようと思っている方や、DJに興味のある方の参考になれば幸いかと思います!一緒に勉強していきましょう!
DJか~、聞いたことあるけど、実際どんなことをしているんだろう?」とか、
「かっこいいけど、俺or私にできるかなぁ・・・」とか、
「音楽は楽器を演奏してこそ!何が楽しいのかわからないよ!」
と思ったことのある方は是非お読みください!
どうぞよろしくお願い致します!!!

DJって何だろう?

まずは、DJという言葉を聞いて何を連想しますか?

それは、どこかのクラブハウスであったり、なんとかの終わりの赤髪ピエロだったり、ファンキーでモンキーなベイビー達であったり、人それぞれ思うことはあると思います。

そうです。彼等がDJです。

では、DJとは一体どんなことをしているんでしょうか?
ただノリノリでヘッドホンをつけているだけなんでしょうか?違いますよね?
それでも、なんとな~く、「曲を流す」ということはわかっていても、実際何をしているのかはあんまりピンと来ないのではないでしょうか?

私が思うに、彼らDJは、「会場の空気を操作している」んだと思います。

私事ではありますが、以前、とあるクラブDJの方とお話をさせていただいたとき一番印象的だったのが、DJをしていて一番楽しいことは何ですか?と聞いたところ、うろ覚えではありますが「指先一つで会場を盛り上げられるし、逆に落ち着かせることもできる。」と仰っていました。
それを聞いたとき、ライブをしている時の自分と重なりました。曲を演奏できるのは楽器だけじゃないと悟った瞬間でしたね(笑)

激しい曲をかければお客さんも激しくなり、逆にバラード調の曲をかければ落ち着いて、ポピュラーでタイムリーなポップスをかけてみたり、時折自分の好きな曲をかけてみたり、それでお客さんがノってくれれば、凄く楽しいと思いませんか!?

DJの素質

ざっくりとDJがどんなものかわかったところで、一体どんな人がDJに向いているのでしょう?

それは、「誰かとドライブしているときの選曲が良い人」です!

ドライブといったイベントに対して、その時の相手や場面、空気を読んで選曲できるような方は、是非一度DJを触ってみてください!

もちろん、「俺、ドライブの選曲悪いや・・・」と思っている方でも大丈夫です!最初はうまくできなくても、数をこなせばだんだんとうまくなっていき、最後にはドライブ中に「良い曲のセンスしてるね!」と言われること間違いなしです!

DJを始めよう!

さて、いざ「DJを始めよう!」と思っても、何から手を付ければ分からない・・・そもそも何が必要なんだろう?レコードなんて持ってないぞ・・・?
と思う方も少なくないはず!

実際、私もDJ担当になった初日に思いました。「いや、何をどうしたらええんや・・・」と。

しかし、今はネット社会。欲しい情報はすぐに手に入ります。便利ですね。
調べたらすぐに出てきました。なるほど、そんな気はしてましたが、まずはターンテーブルというものが必要なんですね。
しかも、ターンテーブルには種類があり、アナログターンテーブルCDJとPCDJというものがあるそうです。

なるほど、まずはこのターンテーブルというものから勉強しなければいけない気がしますね・・・




次回「DJヤスニシのお勉強ブログ「ターンテーブルとはなんぞや。」」

Let's お勉強!!!

ひとこと

そういえば、自己紹介をほとんどしておりませんでしたね。
冒頭に書いてある通り、もともとエレキギターを弾いております。ジャンルではRockです。
一番好きなアーティストは決めきれませんが、やはり「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」は外せませんね。
他には「a flood of circle」であったり、最近では「catfish and the bottlemen」とかも聞きます。いろいろ聞きます。
あとは、甘いものが好きです。たいやきは絶対つぶあん派です。
よろしくお願い致します。

あんこの内藤 つぶあん 450g

あんこの内藤 つぶあん 450g

店舗名 島村楽器 イオンモール橿原
駐車場代 無料
電話番号 0744-20-1460
担当 安西
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.